Shirayoshi’s diary

とある大学生のブログ。140字では書けない思いを。いい方向に変わり続けていきたい。

miwa concert tour 2018-2019 miwa THE BEST

こんばんは!

しらよしです。

 

台風がきていますね。仙台はまだ雨風は異常というほどではないです。今後怖いですね...

 

今日は先週に引き続きライブに参戦してきました。
f:id:Shirayoshi:20180930223600j:image

miwaさんのライブです。ベストアルバムをひっさげてのツアーです。

会場は仙台サンプラザです。今回は仙台なので先週みたいな移動になるわけがなく、平和にたどり着きました。

 

席はなんと前から7列目!!近い!!!

ここまで近いのは初めて。

 

ライブはすごかった!!!

想像を越えたセットリストでした。クラップ、振り付け、掛け声、合唱...ライブの一体感を肌で感じました。

 

miwaさんの歌は感動でした。とある曲で迫力に度肝を抜かれました。

 

好きな曲ばかりに囲まれたすごい2時間半でした。

 

さて、アンコールの途中では写真撮影OKの時間がありました。
f:id:Shirayoshi:20180930225558j:image

miwaさん、ショートヘアホントに似合ってますね!!

 

楽しかった...

今日で夏休み最終日でしたが、最高の最終日になりました!

 

以上、しらよしでしたー。

西野カナ「LOVE it Tour ~10th Anniversary~」

こんばんは!

しらよしです。

 

昨日はカナやんこと西野カナの「LOVE it Tour ~10th Anniversary~」のさいたまスーパーアリーナ公演に参戦してきました。

5月末に参戦した「LOVE it Tour」のアリーナ編です。
f:id:Shirayoshi:20180924002938j:image

 

今回のライブはとても楽しみにしていました。人生初ライブ参戦が約3年4ヶ月前の「カナやんのさいたまスーパーアリーナ公演」だったので、「カナやんのさいたまスーパーアリーナ公演」はとても思い入れがありました。なので今回のライブに参戦できるとわかった時は大喜びしたものです。

 

そんなライブですが3年4ヶ月前と似たようなシチュエーションがあって偶然はすごいと思いました。ここで、3年4ヶ月前と今回を比較しながら今回のライブまでの過程を見ていきます。

 

①開演時間に間に合う?

3年4ヶ月前のライブの時は部活の県大会終了直後に大会会場から直接向かったのですが大会が思いの外長引いて間に合うか微妙な時間に。結果、開演予定時間に会場に入りなんとかなったという展開でした。あの時はスリルを味わいましたね

今回は高速バスで向かったのですが普段なら朝一のバスに乗って首都圏に向かうのですが、今回は一本遅くても間に合うと踏んで一本遅くしました。結果、会場には間に合ったのですが、グッズを買おうと思ったら「これから並びますと開演時間に間に合わない可能性がございます」とのアナウンスが。グッズの有り無しではだいぶ気分が変わってしまう性の私は「なんとかなるだろ」と踏んで並びました。結果、会場入りは開演予定時刻数分前。今回もスリルを味わいました。

 

②ライブ前に知り合いに遭遇

3年4ヶ月前は部活の大会だったので当然知り合いには会ってました。しかし、それ以降はライブ参戦の日は誰かと一緒にライブ参戦する場合を除いて他の人と会う予定を入れないようにしていました。その結果、ライブ前に知り合いに会うのは誰かと一緒に参戦したものを除くとその3年4ヶ月前のライブ以外では、今年3月に参戦したmiwaの日本武道館公演の前に知り合いに遭遇したと今年5月のカナやんのライブの2例だけでした。5月の話は以前書きましたのでそちらを。3月のライブはこれまでで3本の指に入る印象的なエピソードになっているのですが長くなりそうなのでまたの機会に。

今回は高速バスの途中休憩の安達太良SAで出発までの時間に売店を散策していたら部活の先輩、同期、後輩が所属している研究室に遭遇。話によると研究室の研修だとか。ここで遭遇するのは想定外。思わず笑ってしまいました。印象的でした。そして、このライブも印象的になる予感がしました。

 

③座席

会場に入って席を確認。この角度、どこかで見たことがあるような...3年4ヶ月前と似た位置だ。今回の座席は200レベルの235扉の近く。ステージを斜め右に見る位置です。実は3年4ヶ月前も200レベルでステージを斜め前に見る位置でした。そして、その角度も覚えている限りではとても似ていました。おそらく235扉までは同じだったと思います。すごい偶然ですね。

 

④開演時刻が遅れる

3年4ヶ月前は開演予定時刻から10分近く遅れて開演。時間ギリギリに来てほっとしたのを覚えていました。

今回もなんと開演予定時刻から10分近く遅れて開演。いや、偶然にもほどがあるでしょ。

 

という感じで開演までざっとおさらいしました。

 

ライブはホールツアーからセトリをかなり変えてきていました。一曲目からかっこよかった。二曲目もかっこいい曲を持ってきていて序盤からかなりの盛り上がり。三曲目も盛り上がる曲でした。

 

ここでMC。安定の面白いMCでした。高校時代の学園祭を振り返り、「私は商売上手やったな」とどや顔でいうカナやん。さらにフリフラの色を変えるという話になり、「茶色ってどうなんやろ」というカナやん。今回のフリフラの形はホールツアーから引き続きアイスクリーム型。
f:id:Shirayoshi:20180924001100j:image

「この形で茶色はちょっとアレやな」とカナやん。そうですね。ちょっとアレですよね。会場にも笑いが起こりました。

フリフラを使ったウェーブは赤、白、緑の三色のウェーブ。とてもきれいでした!(ライブは撮影禁止なので写真、動画はないです。)

 

その後も曲を続けていきます。新しい曲から久々の曲までたくさん披露されていきます。カナやんのライブ5回目の私でもライブで初めて聴く曲もありました。しかもとても好きな曲だったから嬉しかった!!

 

今回のセトリはまさに「新旧バランスよく交えた」選曲だったと思います。カナやんのライブ初めての人からコアなファンまで十分に楽しめるように考えられた選曲だと感じました。そして、さすがカナやん。キーの高い昔の楽曲も歌いこなす姿はすごかったです。これがプロだと感じました。

 

後半のMCではデビュー10周年を迎えるカナやんからの感謝の言葉が。カナやんの想いが伝わる感動のMCでした。

 

本編最後の曲やアンコールの選曲はとても私得な選曲でしたね!

 

曲のネタバレをしないように今回のライブを振り返りました。

終始楽しんでいました。うるっとくるシーンも何度もありました。あっという間の2時間半でした。三本の指に入りそうなくらい印象的なライブになりました。これで明日からも頑張っていけそう。

 

やっぱりカナやん大好きだと感じた今回のライブでした。
f:id:Shirayoshi:20180924003007j:image

 

以上、しらよしでしたー。

今年は花火けっこう見た

こんばんは!

しらよしです。

 

最近は図書館と自宅の往復生活です。変化がほしいところですね。

 

さて、この夏は花火を結構見たのですが、それに関する記載がこのブログに一切載ってなかったので今回紹介したいと思います。

 

まずは仙台七夕花火!

これは8月5日、試験期間中で図書館に籠ったあと、家に帰って玄関先から見てました。試験期間だし、その日は天気があまりよくなかったのでそんな感じでした。
f:id:Shirayoshi:20180918200903j:image

アパート特定されたくないので拡大した画像を載せておきます。割とよく見れました。

 

次は8月25日、仙台から秋田県に向かいました。午前中は秋田県の角館で武家屋敷を観光しました。
f:id:Shirayoshi:20180918201258j:image
f:id:Shirayoshi:20180918201353j:image
f:id:Shirayoshi:20180918201531j:image
雰囲気のある素晴らしい街並みでした。歴史を感じましたね。これからも保全してほしいですね。

 


f:id:Shirayoshi:20180918201638j:image

こちらはババヘラアイス。初めて食べました。これまでに感じたことのない味でしたね。とてもおいしくいただきました。

 

この日見てきた花火は大曲の花火!全国から70万人が来場するすごい花火大会です。
f:id:Shirayoshi:20180918201932j:image

これは昼花火です。全国的に珍しい花火です。煙の色で表現されていますね。初めて見たのですが昼花火には夜花火とは違う魅力があると感じました。


f:id:Shirayoshi:20180918202149j:image
f:id:Shirayoshi:20180918202215j:image
f:id:Shirayoshi:20180918202240j:image
f:id:Shirayoshi:20180918202321j:image
f:id:Shirayoshi:20180918202341j:image
f:id:Shirayoshi:20180918202417j:image
f:id:Shirayoshi:20180918202440j:image
夜花火は圧巻!!!ここまですごいとは思いませんでした。全国から70万人来る訳がよくわかりました。いいカメラ買ってからここに来たかった...。また必ず行くのでそのときはいいカメラ持ってきて高画質の写真を撮りたいですね!

 

帰りの混雑はヤバくて、大曲駅前に人々が溢れかえっていました。私は事前に仙台行き新幹線のチケットを買っていたので無事に新幹線に乗れましたが、なんと混雑で新幹線が15分遅れ。さらに途中で急病の方がいたらしくさらに10分近く止まるなどあって結局仙台駅に着いたのは日付を回ってから...。

 

 

最後は9月8日、実家で見た花火大会!

家族でゆっくり見ました。バーベキューやってました。お肉おいしいー。写真は撮ってません。見るのとお話しするのと食べるので楽しみました。

 

 

花火は美しいですね。儚いからこそより心に響きます。今年はもう花火を見る予定はないです。また来年、そんな余裕があるかわかりませんが、花火を楽しみにしてます。

 

以上、しらよしでしたー。

青森県行ってました

こんにちは!

しらよしです。

 

スタバで抹茶ティーラテを飲んでくつろいでいます。おいしい。

 

さて、今月11~13日に青森県に行ってきました。部活の夏合宿(という名の旅行)です。基本的に二日目は自由行動となっています。今回はその自由行動で行ってきた所について書こうと思います。

一昨年、去年も参加してましたが、その時は誰かと一緒に行動していたのですが、今回は完全な一人行動、つまり一人旅になってました。

 

今回の夏合宿の宿泊地は青森県弘前市
f:id:Shirayoshi:20180916155009j:image

青森県は通過したことはありましたが、降り立って観光したのはこれが初めてでした。弘前市を基点にいろいろな所に行ってきました。

 

まず、二日目の朝、他の人達より早めに出発した私の目的はこちら。
f:id:Shirayoshi:20180916155156j:image

リゾートしらかみです。青森駅から秋田駅まで海岸沿いの五能線を経由して運行している観光列車です。

これに乗って五能線沿線を観光していきます。

 

窓が大きく、一面に広がる景色をワイドに堪能できます。まず飛び込んできた景色が一面のりんご。
f:id:Shirayoshi:20180916155714j:image
f:id:Shirayoshi:20180916155732j:image
さすが津軽ですね。想像以上の規模です。

 


f:id:Shirayoshi:20180916155833j:image

津軽富士で知られる岩木山。確かに裾野が富士山に似ていますね。美しい。

この岩木山はしばらくの間堪能することができました。

 


f:id:Shirayoshi:20180916160102j:image

五所川原駅に到着。私が乗っているリゾートしらかみ2号はこの駅から鰺ヶ沢駅の間まで先頭車両で津軽三味線の生演奏が行われます。先頭車両以外でも生演奏の音が車内に流れます。津軽三味線を堪能しながら車窓を眺めることができました。

 


f:id:Shirayoshi:20180916160526j:image

千畳敷です。千畳敷駅では15分ほど停車します。その間に千畳敷の海岸を歩くことができます。
f:id:Shirayoshi:20180916160710j:image
f:id:Shirayoshi:20180916160726j:image


f:id:Shirayoshi:20180916160814j:image

深浦駅直前で徐行するとアナウンスが。絶景ポイントでした!すごい...さすが五能線といえる絶景ですね!

 

さて、深浦駅ではリゾートしらかみの共演です。
f:id:Shirayoshi:20180916161522j:image

左が弘前方面に向かう青池編成。右が秋田方面に向かうくまげら編成です。豪華共演ですね!

 

そして、目的地に到着。
f:id:Shirayoshi:20180916161743j:image

十二湖駅でリゾートしらかみとはお別れ。この駅からバスで15分。さらに歩いて10分弱で本日のメイン目的に到着。

 


f:id:Shirayoshi:20180916161914j:image

青池です。めっちゃ青!神秘的!!きれい!!!これはすごい。思わず立ち尽くして見とれてました。透明度が高くて深い部分でも見えます。魚も生息していて水のきれいさがわかります。日のあたり具合によって雰囲気が変わるのも魅力的。
f:id:Shirayoshi:20180916162136j:imagef:id:Shirayoshi:20180916162204j:image

 

大満足の私。さらに周辺を散策します。
f:id:Shirayoshi:20180916162350j:image

ブナの自然林です。リラックス効果抜群です。癒されました。深呼吸するとなぜかすごい落ち着くんです。さすがブナの自然林です。

 


f:id:Shirayoshi:20180916162552j:image

こちらも青い水ですね。こちらは沸壺の池です。青池と同じく透明度が高い水でした。他にもさまざまな池を見てきましたがどの池も透明度が高くてきれいな水でした。
f:id:Shirayoshi:20180916162924j:image
f:id:Shirayoshi:20180916162953j:image
f:id:Shirayoshi:20180916163007j:image


すっかり癒された私は帰路につきました。十二湖駅で列車を待っている間に駅内の観光案内所で青池ソフトが販売されているので食べることに。
f:id:Shirayoshi:20180916164213j:image

ヨーグルト味のソフトクリームでした。おいしかったです。


その後は列車を乗り継ぎ、なんとか夕食の集合時間に間に合いました。

 

さて、今年は三日目の午前も自由行動。そこで弘前市で行きたい場所に行ってきました。
f:id:Shirayoshi:20180916163154j:image

弘前城です。現存12天守の一つです。現在、石垣の修復工事のため少し移動しています。小ぶりながら風格のある天守です。
f:id:Shirayoshi:20180916163356j:image

天守の最上層からは岩木山を見ることができました。
f:id:Shirayoshi:20180916163458j:image

石垣修復工事の様子です。


f:id:Shirayoshi:20180916163542j:image

近くの美術館の前に建っていたのは弘前藩初代藩主津軽為信の像です。なかなかすごい人なので興味のある人はググってみてください。

 

ここで自由行動の時間が終わり、仙台に帰りました。

 

青森県は初めてでしたが、自然や歴史に溢れたいいところだと思いました。まだまだ行けてない所はたくさんあるのでまた行きたいと思いました。

 

以上、しらよしでしたー。

九州一周一人旅八、九日目 ~九州一周完結~

こんにちは!

しらよしです。

 

一昨日、昨日と更新してませんでしたが、旅行は無事に終わりました!今は実家で休んでいます。足に複数箇所マメができててしばらく安静にしていようと思います...。

 

さて、一昨日、昨日を振り返ります。

 

一昨日は大分県の温泉街を巡ってきました。

大分駅から西に列車で1時間、やって来たのは由布院です。
f:id:Shirayoshi:20180908131317j:image

 

由布院温泉は全国的に知られた温泉街ですよね。木曜日という平日にも関わらず多くの観光客で賑わっていました。外国人も多く見られ、由布院温泉の知名度の高さを実感しました。


f:id:Shirayoshi:20180908131745j:image

自然に調和している温泉街です。


f:id:Shirayoshi:20180908131925j:image

金鱗湖です。由布院観光には欠かせないスポットです。きれいな水面に背景の木々が映ってホントに美しいですね!


f:id:Shirayoshi:20180908132700j:image 

気になったお店に入ってみることに。「由布院 ガラスの森」というお店です。中には手作りのガラス細工が取り揃えてありました。気に入ったストラップを一つ購入しましたー。


f:id:Shirayoshi:20180908135110j:image

豊後牛メンチカツです。肉が柔らかくてジューシーでした。おいしかったー。

 

温泉にも入りました。肌がすべすべになりました。温度は高めでした。短時間で汗がたくさんでてスッキリした気分でした。

 

さて、ここから大分駅に戻り、北へ。やって来たのは別府です。別府といえば地獄めぐりということで駅からバスに揺られること20分。鉄輪温泉にやってきました。

 

地獄とは、自然に湧出する源泉がなす特徴的な景観のこと。たくさんの「地獄」が鉄輪温泉にはあります。今回は3箇所巡りました。

 

まずは海地獄。
f:id:Shirayoshi:20180908140130j:image

腐卵臭が漂い、若干辺りより蒸し暑いところでした。ちなみにこれは他の地獄でも同じでしたね。水色の水面から吹き出す源泉の湯けむりが絶妙に美しい景観を作り出していました。

 

ここの名物が地獄蒸焼プリン。地獄の蒸気を使って作るのだとか。普段のプリンとはひと味違うプリンでした。
f:id:Shirayoshi:20180908140508j:image

 

海地獄の隣にあるのが鬼石坊主地獄です。
f:id:Shirayoshi:20180908140730j:image

海地獄とは異なる地獄ですね。湯の底から白い湯がぷくぷく涌き出てくる不思議な雰囲気の地獄でした。


f:id:Shirayoshi:20180908141813j:image

こちらは白池地獄。池の色が緑っぽくなっているのは池の中で藻が繁殖する時期だからだということでした。ちなみに藻が繁殖しない時期は青白い色だそうですよ。

 

この後はバスの時間まで温泉街をぶらぶら。
f:id:Shirayoshi:20180908144837j:image

 

別府駅まで戻り、大分県北部の中津市まで行ってこの日はおしまい。

 

昨日は中津駅から電車を乗り継いで博多駅に。一週間ぶりの博多駅です。これで九州一周が完了しました!

博多駅でまたラーメンを食べて、お土産を買って、福岡空港へ。

福岡空港から成田空港まで戻りました。この時点で18:30

ここからはひたすら実家を目指す旅となりました。成田空港から総武線快速で東京駅に到着。東京駅地下ホームは初めてだったので新鮮でした。さて、上野東京ラインに乗りましたが、時間は20:38お仕事帰りの人で大混雑でした。東京はすごいですね...

さらにもう一本乗り継いで実家に戻ってきたときには日付が回る直前でした。

 

これで今回の旅行はおしまいです。

九州一周できてよかったです。いままで以上に時間とお金の制約との戦いでしたが、いろいろ工夫して最大限に楽しめたと思います。

それでも当然、行きたかった場所全部には行けたわけではないわけで、行きたかった場所はもっとあります。いずれ機会を見つけて九州に再び行けたらいいなと思いました。

 

以上、しらよしでしたー。

九州一周一人旅七日目 ~宮崎県~

こんばんは!

しらよしです。

 

今日は宮崎県の海岸部を観光してきました。

 

まず、列車とバスを乗り継いで約2時間。鵜戸神宮へ向かいます。ふと、乗り継ぎした油津駅の塗装を見てみると...
f:id:Shirayoshi:20180905205633j:image

この駅の近くにあるグラウンドが広島東洋カープのキャンプ場だそうですよ。

 

鵜戸神宮神武天皇の父のまつっている神社です。
f:id:Shirayoshi:20180905212746j:image

周りは南国の雰囲気を醸し出しています。
f:id:Shirayoshi:20180905212836j:image


f:id:Shirayoshi:20180905212914j:image

こちらが本殿です。洞窟の中にありました。

 

さて、鵜戸神宮といえばこちら。
f:id:Shirayoshi:20180905213923j:image

亀石のに運石を投げ、窪みの中に石が入れば願い事が叶うといわれています。というわけでやってきました。窪みに入って出てしまった玉が一つありました。うーん、惜しいなあ。

 


f:id:Shirayoshi:20180905215113j:image

絶景ですね。奇妙な形の岩がたくさんありました。砂岩が固まったものだそうですよ。


f:id:Shirayoshi:20180905215952j:image

うん、いい景色だ。

 

さて、神宮の最寄りのバス停でこのような掲示が。
f:id:Shirayoshi:20180905220656j:image

バス停を移動させるなんて迷惑極まりないですよね。

 

さて、バスに揺られて30分強。次は青島神宮にやってきました。f:id:Shirayoshi:20180905220903j:image

 

ここの周りはまさに南国の観光地という感じの場所です。
f:id:Shirayoshi:20180905221037j:image
f:id:Shirayoshi:20180905221101j:image

 

ここでは鬼の洗濯岩を見ることができました。
f:id:Shirayoshi:20180905221141j:image

大迫力でした!


f:id:Shirayoshi:20180905223031j:image

ここでも参拝してきました。南国の中にたたずむ神社って素敵ですね。


f:id:Shirayoshi:20180905223118j:image

この近くでマンゴーソフトを食べてきました。本場で食べるマンゴーソフトは格別ですね!うん、最高!!!

 

今日はここから大分市まで移動しました。なんと、宮崎から大分の間の一部で普通列車が一日1.5往復しかない区間があり、普通列車で行くのは難しかったので今回は高速バスで移動。高速バスでも3時間20分ほどかかりました。移動で疲れますね...。

 

今日はここまで。

 

以上、しらよしでしたー。

九州一周一人旅五、六日目 ~鹿児島県~

こんばんは!

しらよしです。

 

昨日、今日で鹿児島県を巡ってきました。せっかくなので両日まとめて書いていきます。

 

昨日はまず、フェリーに乗って桜島へ。
f:id:Shirayoshi:20180904202921j:image

 

ついてすぐ行った桜島ビジターセンターでは、桜島の歴史について解説してありました。

 

次に、その近くから入れる桜島溶岩なぎさ遊歩道を歩きました。この遊歩道はおよそ3kmあり、溶岩に囲まれて歩くことができました。
f:id:Shirayoshi:20180904204012j:image
f:id:Shirayoshi:20180904204027j:image

遊歩道の出口に烏島展望所があります。ここは昔は小島だったのが大正の噴火で溶岩に飲み込まれて陸続きになったそうです。火山の力はすごいですね。
f:id:Shirayoshi:20180904205025j:image

 

ここからは桜島を周遊するバスのサクラジマアイランドビューに乗り込んで観光。赤水展望広場にはこんなモニュメントが...
f:id:Shirayoshi:20180904205225j:image

これは長渕剛さんの像です。鹿児島市出身の長渕剛さんはこの場所で伝説といわれているオールナイトライブを敢行したことを記念に造られたものだそうです。像からも迫力が伝わってきますね。

景色もよかったですよ。
f:id:Shirayoshi:20180904211011j:image
f:id:Shirayoshi:20180904211030j:image

バスにさらに揺られて、湯之平展望所へ。ここは桜島で一般客が行ける最高地点にあります。迫力がすごかったですね。
f:id:Shirayoshi:20180904211228j:image

鹿児島市街地も一望できました。
f:id:Shirayoshi:20180904211255j:image

火山の凄みを体感できた桜島でした。

 

鹿児島中央駅に戻り、ここから指宿枕崎線に揺られること1時間ほど。指宿駅に到着しました。指宿市は温泉街です。特に天然の砂むし温泉が楽しめる珍しいところというわけで砂むし温泉に入ってきました。
f:id:Shirayoshi:20180904223249j:image

「砂むし会館 砂楽」という施設で入りました。全身全身砂に埋もれて来たのですが、どんどん体が火照ってきて、汗だくになりました。そのあと湯船に浸かるのですが、お湯も最高に気持ちよくて一気に疲れがとれました。

 

この後、鹿児島市に戻り、とあるものを食べに。
f:id:Shirayoshi:20180904223636j:image

白熊です。今回入った「天文館むじゃき」は白熊を考案したお店。まさに本場の白熊というわけです。王道といえるミルク味を食べました。最高でしたね!また食べたい!!

 

昨日はここまでです。

ここからは今日の話です。

 

今日はまず、鹿児島市内を散策しました。

 

鹿児島といえば明治維新の立役者を多数輩出した地。なので、維新に関する碑や展示を巡ってきました。

 

まずは歴史ロード。この一帯(加治屋町)では維新について解説パネルが置かれていたり、さまざまな施設、碑が建っています。加治屋町は江戸時代、下級武士の住んでいるエリアでした。明治維新の立役者は下級武士出身の人が多いのでこの辺り一帯にさまざまなものがあるのです。
f:id:Shirayoshi:20180904233342j:image

こちらは江戸時代の下級武士の屋敷だそうです。
f:id:Shirayoshi:20180904233544j:image

こちらは西郷隆盛生誕の碑。ここで西郷隆盛は産まれたんですね。
f:id:Shirayoshi:20180904233641j:image

そして、こちらは維新ふるさと館。薩摩藩の活躍や様子が分かりやすく解説してありました。
f:id:Shirayoshi:20180904233831j:image

こちらは大久保利通生誕の碑。西郷隆盛の碑からはあまり離れていません。
f:id:Shirayoshi:20180904233958j:image

大久保利通の像がありました。
f:id:Shirayoshi:20180904234243j:image

 

次に向かったのは城山。ここは西郷隆盛ゆかりの地です。まず、薩摩藩の本拠地のあった鶴丸城跡地に建てられた鹿児島県歴史資料センター黎明館。ここでは鹿児島県の旧石器時代から現代までの歴史や文化、美術、工芸など、鹿児島県についていろいろな展示物が並べられています。本当に勉強になります。いい資料館だと思いました。
f:id:Shirayoshi:20180904234659j:image

この鶴丸城の石垣なんですが、西南戦争の際に砲撃をうけてあちこち穴が空いているんです。激しさが伝わってきました。
f:id:Shirayoshi:20180904234800j:image

 

この後は、西郷隆盛終焉の地、西郷洞窟、城山展望台と行きました。
f:id:Shirayoshi:20180904234930j:image

この地で西郷隆盛は最期を遂げたのですね...


f:id:Shirayoshi:20180904235007j:image

西南戦争の最終局面で西郷隆盛が立て籠った洞窟。最後の地から徒歩10分くらいのところにありました。ここから出撃してわずか数百メートルのところで最期を遂げなければならなかったのは...


f:id:Shirayoshi:20180904235257j:image

城山展望台からの眺めです。桜島を見ることができました。鹿児島市内を一望できるいい場所です。

 

ここまで鹿児島市内散策でした。この後は列車で東へと進み、霧島神宮に行きました。霧島は天上界から地上に初めて神が降り立ったという伝説の地です。

f:id:Shirayoshi:20180904235457j:image


f:id:Shirayoshi:20180904235522j:image

厳かで神聖な雰囲気が漂っています。
f:id:Shirayoshi:20180904235751j:image

国家に出てくるさざれ石です。石灰石なんですね。

f:id:Shirayoshi:20180905000010j:image

しっかり参拝してきました。


f:id:Shirayoshi:20180905000126j:image

ここは日本で初めての新婚旅行の旅先だったそうです。かの坂本龍馬がその人だったそう。

 

神様からパワーをいただけましたね!

 

ここから宮崎市まで移動して今日は終わりです。

 

以上、しらよしでしたー。